TOP ROOKIE 全員ライバル、ここから始まる。

トップルーキー・フレッシュルーキーとは

一般財団法人日本モーターボート競走会は、ボートレースの次代を担う若手有望選手を強化・育成する「2018スター候補選手」として63名の選手を選出しました。2016年までスター候補選手は、「全国スター候補」「地区スター候補」「地元スター候補」「準地元スター候補」の4ランクで構成されていましたが、2017年より「トップルーキー」「フレッシュルーキー」の2ランクに変更し、より各レース場における育成を主眼に選出できるよう選出基準等を見直し2年目となります。
当該選手にはそれぞれのランクに合わせてグレードレースへの優先あっせん措置、メディア対応やマナーを身に付けるための講習会、操縦・整備の特別訓練などが行われ、プロ選手に必要とされる技術・人格・知名度などの向上が図られます。
今回の「トップルーキー」には、「登録6年以内かつA2級以上」という選出基準のもと、勝率や優勝回数、G1出場等の実績を考慮し、2017年、G1優勝1回を含む全10回の優出、4回の優勝を遂げた登録第4831号羽野直也選手(福岡)や、2017年、G1優出1回を含む全15回の優出、3回の優勝を上げた登録第4848号仲谷颯仁選手(福岡)ら、全国5地区の中から15名の選手が選出されました。また、「フレッシュルーキー」は「登録5年以内の各レース場における推薦選手(各場2名ずつ)」48名が選出されました。

ニュースリリース

その他関連サイト