EASTERN・WESTERN YOUNG
PICK UP RACERイースタン・ウエスタンヤング ピックアップレーサー

イースタンヤング(桐生~住之江)、ウエスタンヤング(尼崎~大村)のそれぞれの注目レーサーを紹介!

ムービーを見る

4688ながい ひょうや 永井 彪也┃ 東京出身 ┃ 東京支部 ┃


ヤング世代を牽引する当代随一のイケメン

抜群のルックスは早くから注目されたが、2019年にヤングダービーを制して一気にスターダムに駆け上がると、記念戦線にも定着して人気・実力ともにヤング世代を牽引(けんいん)する存在となった。2021年は丸亀周年で2度目のG1制覇。SGクラスを相手に記念優勝したことで、さらに一皮むけた印象だ。次に目指すはもちろんSG制覇。チャンスを虎視眈々(こしたんたん)と狙っている。
 インコースでの安定した強さはヤング世代でも随一で、イン以外からの主武器はまくり差し。ハマったときにはコース不問で突き抜けてくる。

もっと見る
ムービーを見る

4719かみじょう のぶたか 上條 暢嵩┃ 大阪出身 ┃ 大阪支部 ┃


硬軟自在の攻撃力で王道を突き進む

所属する大阪支部はとてつもなく層が厚い。そのなかで揉まれ、王道を継承する存在として頭角を現すと、SGやG1でも奮闘を見せる。2019年4月には下関ダイヤモンドカップを3カドまくりで優勝。また今年3月のボートレースクラシックではSG初優出を果たし、準V。着々と実績を積み重ねている。今年は現時点でグランプリ出場も視野に入っている。
 硬軟自在の攻め筋が魅力で、G1制覇をもぎ取ったまくり一撃を見せたかと思えば、的確に差しを突き刺してくる。2~4コースではしっかり勝負強さを見せつけ、外コースでも連に絡んで上位に顔を出してくる。インコースももちろん強い。

もっと見る
ムービーを見る

4804たかだ ひかる 高田 ひかる┃ 三重出身 ┃ 三重支部 ┃


強力な伸びで魅せる伊勢湾のまくり姫

いまや最も旬な女子レーサーである。もともと果敢な攻撃で女子ヤング世代の注目株だったが、さらに耳目を集めるようになったのは強力な伸びに特化するスタイルを身に付けてから。独特の仕上げで伸びを極限まで引き出すと、コース不問でスリットから一気にまくる! 3カドも駆使して内に構える艇を脅かすド派手なレースぶりは人気を呼び、今年のレディースオールスターではファン投票3位に押し上げられ、5月のSGボートレースオールスターにも出場し1勝を挙げた。彼女のレースはスタート展示や展示タイムにも注目したい。伸びが仕上がっていれば、男子が相手でもまくりでのみ込むシーンが期待できる。

もっと見る
ムービーを見る

4590わたなべ ゆみ 渡邉 優美┃ 福岡出身 ┃ 福岡支部 ┃


完全に軌道に乗った博多っ娘

決して順風満帆ではなかった。17歳でデビューし、長くB級暮らしが続いた。初A2級昇級はデビュー12期目。すぐにA1級に昇級するも、またB級に逆戻りし、A1級に復帰するにも苦労していた。しかし、昨年3度目のA1級復帰を果たすと、殻を破るかのように成績が上昇。男子相手でも一歩も引かず、女子戦では優出ラッシュを見せた。昨年5月~10月の級別審査期間では勝率7点をオーバーし、年末のクイーンズクライマックスに初出場。さらには優出も果たしたのだから、昨年は完全に軌道に乗り、ブレイクの1年だったと言えるだろう。その主武器はまくり差し、差し。その鋭さは女子では屈指だ。

もっと見る
ムービーを見る

4963さねもり みゆ 實森 美祐┃ 広島出身 ┃ 広島支部 ┃


SGオールスターでも豪快に握って準優進出!

ケガによる長期欠場などもあり、やや足踏みしたような時期もあったが、昨年春からはポテンシャル発揮。B1級から一足飛びにA1級へと昇級し、トップルーキーにも選ばれた。今年1月には芦屋周年でG1初出場。SGクラスの超強豪を相手に奮闘し、2走目でG1初勝利を挙げている。また、5月には地元宮島で開催されたSGボートレースオールスターにも初出場。快速機で豪快に握り、見事に準優まで進出して話題を集めた。オールレディースやヴィーナスシリーズでは常に優勝候補になる存在と言える。近況は差しでの1着が増えているが、持ち味は握って攻める果敢な戦法だ。

もっと見る
ムービーを見る

4831はの なおや 羽野 直也┃ 福岡出身 ┃ 福岡支部 ┃


SG初制覇に期待がかかる!

2017年大村周年を22歳で優勝したときのインパクトは大きかった。初めてA1級になったばかりの若者が、並みいるSGレーサーを撃破したその一戦は、まさに新星誕生の瞬間だったのだ。その後もこの世代の先頭を走り、SG経験も豊富に積んできた。昨年はヤングダービーで堂々たる優勝。今年3月には若松周年をも制して、ヤングレーサーのなかでははっきりと実績上位と言える存在である。豪快なまくり差しはもともと鋭かったが、近況はトップクラスのスタートから攻める局面も増え、戦術の幅は確実に広がっている。もちろんインコースでも強く、まさにオールラウンダー。現ヤング世代では明らかに格上であり、初のSG制覇がいつになるか期待がかかる。

もっと見る