同期の桜

第6回 117期

 117期の出世頭は? と聞かれれば「大阪の上田龍星」「愛知の吉田兄弟」などと答えることになるが、やまと学校(現・ボートレーサー養成所)のチャンプは上田ではなく、同じ大阪支部の小池修平だった。4カドからトップスタートを切っての一撃まくり。インの上田を瞬時に引き波にハメた光景は、今もはっきり脳裏に焼き付いている。
 デビュー後の小池は同県同期の上田に置き去りにされた感があったが、2018年11月13日、とこなめの一般戦で初優出・初優勝。その決まり手は、奇しくも4カドからのトップスタート一撃まくり!! デビューから丸3年での水神祭を糧に、若きまくり屋として飛躍してもらいたい。
 117期の卒業記念競走では、第4レースの「選抜戦」も鮮明に記憶に残る。「ボートレース界の吉田兄弟」こと吉田凌太朗vs裕平のデッドヒート。丸々2周に及ぶ抜きつ抜かれつの激闘は最終ターンマークまで続き、最後は兄の凌太朗が逆転勝ちで面目を保った。レース後のふたりの会話もまたデッドヒート。
兄「リーグ勝率ではお前に負けた(兄6.78vs弟7.71、ともに事故率オーバーで選抜戦回りとなった)けど、デビューしてからは絶対に負けない」
弟「兄貴は差しが下手だから無理。僕のほうが活躍できる」
 さすが往年の名選手・吉田徳夫さん(引退)を父とするサラブレッド兄弟、と目を細めたものだった。デビューから3年、仲良く火花を散らす吉田兄弟は順調に勝率を伸ばしてA1級まであとわずか。負けず嫌いのふたりのこと、おそらく同時に昇級するに違いない。

 さて、「艇界の超新星」上田龍星だ。卒業記念こそ小池の猛攻に散ったが、デビュー直後からすぐに素質が開花。デビュー節の7戦目に初勝利を挙げるわ、8カ月後のルーキーシリーズでは優出(3号艇3着)するわ、その大物ぶりは華々しい名前とともに全国に広まった。
 が、その後はフライング過多や怪我などで一頓挫。低迷の時期を味わった末、18年8月29日に下関で大逆転のデビュー初優勝。これで完全に吹っ切れたか、わずか9日後の9月7日には江戸川で2節連続Vとなる豪快なイン逃げを決めた。眠れる大器が覚醒した以上、時間を置かずにA1昇級~記念戦線での活躍を期待したい。
 117期の個性と才能溢れる面々をさらに紹介しよう。ここ半年ほどで急成長を遂げているのは愛知の中村泰平。12月の三国「ボートレースレディースvsルーキーズバトル」では予選6戦をオール3連対で突破。準優こそ4着に敗れたが、アウトコースからの豪快な攻めで全国に名を売った。同シリーズでは金児隆太も素晴らしい走りで白組(ルーキーズ)の優勝に貢献。飯山泰に次ぐ「長野出身レーサー」として知られる金児が、本格化の一途を辿っている。
 女子レーサーでは、やまと学校時代に「ミヤネ屋」の密着リポートで人気を博した薮内瑞希。女子でただひとり優出(5着)を果たしている中田夕貴、やまとリーグ勝率で6点台の高率をマーク(1優勝)した渡邉真奈美などなど、現状は4点前後に甘んじている女子軍団だが、徐々に徐々に力を付けている。

登録
番号
ボートレーサー名
支部 / 出身
級別 勝率
4903 吉田 凌太朗
愛知 / 愛知
A2 6.76
4908 上田  龍星
大阪 / 大阪
A2 6.30
4914 吉田  裕平
愛知 / 愛知
A2 6.15
4910 中村  泰平
愛知 / 愛知
B1 5.65
4901 出口 舞有子
愛知 / 愛知
B1 5.56
4907 小池  修平
大阪 / 大阪
B1 5.48
4888 金児  隆太
群馬 / 長野
B1 5.38
4906 鈴木  雅希
東京 / 神奈川
B1 5.32
4902 山川  雄大
兵庫 / 兵庫
B1 4.83
4912 中山  将太
福井 / 富山
B1 4.76
4893 渡邉 真奈美
東京 / 千葉
B1 4.57
4904 松本  一毅
大阪 / 大阪
B1 4.55
4892 柴田  直哉
福岡 / 福岡
B1 4.44
4895 門間  雄大
東京 / 北海道
B1 4.30
4900 中田  夕貴
埼玉 / 埼玉
B1 4.26
登録
番号
ボートレーサー名
支部 / 出身
級別 勝率
4896 花本   剛
山口 / 山口
B1 4.00
4889 後藤  盛也
東京 / 神奈川
B1 3.97
4891 寺島  美里
東京 / 福島
B1 3.96
4909 薮内  瑞希
岡山 / 岡山
B1 3.94
4913 清水 さくら
愛知 / 愛知
B1 3.91
4905 土井  祥伍
大阪 / 大阪
B1 3.77
4899 占部  一真
福岡 / 福岡
B1 3.51
4897 深見 亜由美
愛知 / 愛知
B1 3.42
4887 富澤  祐作
群馬 / 群馬
B1 3.28
4890 石川   諒
山口 / 山口
B1 3.07
4894 原村  拓也
香川 / 香川
B1 3.02
4898 菊地  敬介
埼玉 / 埼玉
B2 2.60
4915 彦坂  径冶
愛知 / 愛知
B1 1.97
4911 片岡  大地
東京 / 千葉
B1 1.95

※30歳以上のレーサーも掲載しています。選手名をクリックしてプロフィールをご確認ください。2019年前期データ

←
→