ルーキーシリーズ第2戦
2020年1月21日(火)~1月26日(日)

レース総展望

上條暢嵩・羽野直也・仲谷颯仁が主力 当地で初V井上忠政が不気味

ルーキーシリーズ第1戦に続き羽野直也・仲谷颯仁・関浩哉が連続出場、上條暢嵩を新たに加えたG1ウイナー4人が主役を競う。上條は昨年4月下関G1ダイヤモンドカップ準優、優勝戦での超快速3コースまくり勝ちが圧巻だった。昨年は年間のうち、ちょうど半分はSG・G1を走った上條だが、一般戦に限れば13節中9優出、優勝こそ1回だけに終わったもののレベルが違う運びを随所に見せていた。羽野と仲谷(今期A2)はやや勢いに陰りが出たとはいえ、やはり底力は侮れない。関は正月桐生、群馬ダービー初戦Fの勇み足がどう響くか。台風の目として期待したいのは井上忠政。当地初出場だった一昨年8月、6着1本以外はオール2連対の活躍でデビュー以来、初優出初優勝。それも柳沢一、重成一人、丸野一樹、中澤和志らを相手に1マーク、2マーク連続の強烈ツケマイだった。今回も好走ならドル箱水面になるだろう。石丸海渡、上田龍星、新開航に初V目指す権藤俊光・川原祐明も実力は十分。地元勢では昨年5月戸田で優出した外崎悟の善戦を願う。(データは1月9日現在)。

  • 第1戦
    下関
  • 第2戦
    戸田
  • 第3戦
    若松
  • 第4戦
    浜名湖
  • 第5戦
    多摩川
  • 第6戦
    宮島
  • 第7戦
    三国
  • 第8戦
  • 第9戦
    からつ
  • 第10戦
    鳴門
  • 第11戦
    蒲郡
  • 第12戦
    芦屋
  • 第13戦
    宮島
  • 第14戦
    徳山
  • 第15戦
    浜名湖
  • 第16戦
    大村
  • 第17戦
    住之江
  • 第18戦
    桐生
  • 第19戦
    多摩川
  • 第20戦
    びわこ
  • 第21戦
    三国
  • 第22戦
    江戸川
  • 第23戦
    福岡
  • 第24戦
    丸亀
  • 第25戦
    下関
←
→